“医療基準”のヒフノコト情報

お尻がザラザラする時の原因と対処・治療法

「ふとお尻を触ったらザラザラしていた…」こんなお悩みをお持ちでしょうか。普段目につきづらい部位だからこそ、お尻の違和感には気づきにくいもの。

ザラザラするだけでなく、赤みやかゆみをともなっている場合や小さな水ぶくれができているときは注意が必要です。対処をせず、知らずお尻をかき続けると、かき壊して黒ずみや痕が残ってしまうこともあるため、正しい対処法を心がけましょう。

考えられる皮膚トラブル

接触性皮膚炎

一般的には「かぶれ」と呼ばれています。
刺激の強いものに触れると誰にでも起こる「一次刺激性接触皮膚炎」と、アレルギーとして起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。
かぶれた場所がかゆくなり、だんだん赤くなってきます。
小さなブツブツや水ぶくれができたりします。
接触性皮膚炎の症状・治療法【症例画像】

アトピー性皮膚炎

左右対称にひじやひざの内側にできるのが特徴です。ひどくなると全身に広がります。
年齢(乳児期、幼小児期・学童期、思春期・成人期)によってできやすい部位や症状が変化します。多くは思春期前に軽快しますが、10~20%は成人後も継続します。
乳児期では頬にジュクジュクした発疹がでて顔全体に広がり、さらに体や手足にも広がります。
年齢とともに慢性化して、皮膚が厚くなり、粗くカサカサになった状態になります。強いかゆみを伴います。
季節的には、夏にジュクジュクし、冬は乾燥してカサカサする傾向があります。
アトピー性皮膚炎の症状・治療法【症例画像】

皮膚掻痒症

発疹など目立った症状が見られないのに、かゆみだけがあります。
かいたところに炎症を起こし、二次的に湿疹などができることがあります。
かゆみだけですが、全身にかゆみが出る場合や、外陰部や肛門周囲、頭部など一部分にかゆみが出ることもあります。
皮膚掻痒症の症状・治療法【症例画像】

お尻・デリケートゾーンの皮膚トラブルの対処・治療法

生理用品や下着でかぶれた場合は炎症が起こっているため、ステロイド外用剤を使用して一気に治すことが大切です。

デリケートだからといって弱いランクのステロイド外用剤を選ぶと、症状を抑えきれず、悪化する可能性があるので注意が必要です。年齢に合ったランクのステロイド外用剤を使用しましょう。

治療にあたっての注意

  • 数日から1週間程度使っても改善がみられない、悪化した場合は、感染症などの場合があるので、すぐにお医者さんに相談しましょう。
  • かゆみの症状が出ていても下記は感染症のため、ステロイド外用剤ではかえって悪化する場合があります。かゆみ以外に、普段と違ったおりものが出る場合や特に匂いが気になる場合には、感染症の疑いがあるため早めにお医者さんへ相談しましょう。
    ・ウイルス性のヘルペス
    ・白癬(はくせん)菌によるインキンタムシ
  • 赤ちゃんのおむつかぶれはカンジダとの区別が難しいため、迷ったらお医者さんに相談し、適切な治療を受けましょう。

photo

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 監修

2019.09.04

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます