“医療基準”のヒフノコト情報

足、足の指や足裏の水ぶくれの原因と対処・治療法

足や足の指、足裏に「小さな水ぶくれがたくさんできる」「膿をもった水ぶくれができる」「水ぶくれができてとてもかゆい」などの症状に悩まされていませんか?放っておくと歩くことも困難になり、日常生活に支障がでることも。

足の皮ふトラブルというとまっさきに水虫が思い浮かびますが、足にでる疾患は水虫だけではありません。疾患によって対処方法が異なるため、まずは原因を知ることが大切です。

考えられる皮膚トラブル

水虫(足白癬)

かゆみ、小さなブツブツ、皮がむける、ジュクジュクする、足の裏の角質が固くなる、かさぶたができるなど。
爪の中に白癬菌が入り込むと、爪が白く濁ったり分厚くなってポロポロとくずれる爪水虫(爪白癬)になります。
白癬(水虫・たむしなど)の症状・治療法【症例画像】
※ステロイド外用剤対象外の疾患です。専門医の治療が必要です

掌蹠膿疱症

手のひらや足の裏に、膿をもった水ぶくれがたくさんでき、慢性に経過します。
掌蹠膿疱症の症状・治療法【症例画像】

火傷、熱傷

熱による皮膚・粘膜の障害のことであり、誰でもが一度は経験したことのある外傷のひとつです。
熱傷はその深さにより
I度熱傷は表皮(皮膚の表面)までの損傷で、皮膚が赤くなり、ひりひりした痛みを伴います。
II度熱傷は真皮(表皮の下の皮膚)に達する熱傷で、水疱ができ強い痛みを伴います。
III度熱傷は皮膚が真皮より深いところまで損傷された状態で、一見通常の皮膚と変わりなく見えることもあります。
火傷、熱傷の症状・治療法【症例画像】
※ステロイド外用剤対象外の疾患です。専門医の治療が必要です

接触性皮膚炎

一般的には「かぶれ」と呼ばれています。
刺激の強いものに触れると誰にでも起こる「一次刺激性接触皮膚炎」と、アレルギーとして起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。
かぶれた場所がかゆくなり、だんだん赤くなってきます。
小さなブツブツや水ぶくれができたりします。
接触性皮膚炎の症状・治療法【症例画像】

足・太もも・膝の皮膚トラブルの対処・治療法

湿疹(ぶつぶつ)が見られる場合は、ステロイド外用剤でかゆみや炎症を抑えながら、足をかかないことが大切です。

また、弱いランクのステロイド剤から試してみるのではなく、年齢に合ったランクのステロイド外用剤で一気に治しましょう。ステロイド外用剤は副作用が強いというわけではなく、「広範囲に使わない」「長期間使わない」「感染を起こしている部分には使わない」などの注意を守って使用するようにしましょう。

治療に当たっての注意

  • 1週間で改善しない場合や症状が悪化したときは、炎症ではない別の疾患や原因が除去できていないことが考えられるので、その場合はお医者さんの診察を受けましょう。
  • 水虫でも湿疹が見られますが、白癬菌による感染性なので、ステロイド外用剤ではかえって悪化する場合があります。特に家族に水虫をもった方がいる場合など、「もしかして水虫かも?」と思ったら、お医者の診察を受けましょう。

photo

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 監修

2019.09.04

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます