“医療基準”のヒフノコト情報

うっ滞性皮膚炎(下肢静脈瘤)の症状・治療法【症例画像】

静脈瘤によるうっ滞性皮膚炎

静脈瘤によるうっ滞性皮膚炎

症状の特徴

遺伝的に静脈の弁が弱い体質に加えて、長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因となって膝下3分の1の部位に静脈瘤ができ、血液のうっ滞が生じます。

血液がうっ滞すると、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足し、皮膚炎や色素沈着などの症状が出ると考えられています。

静脈瘤の病気が進行すると、皮膚に色がついてしまったり(色素沈着)、足のくるぶしの上のところの皮膚が炎症を起こしたり(静脈うっ滞性皮膚炎)、重症の場合は皮膚に欠損(潰瘍)を形成してしまう(うっ滞性潰瘍)ため注意が必要です。

治療法、日常生活上の注意

立ち仕事や長時間の歩行は避け、休憩時間や就寝時は足を高くして休むようにします。専用ストッキングや弾性包帯を用いるのも効果的です。

皮膚炎にはステロイド外用薬を塗ります。繰り返す場合は外科的療法、レーザー療法など静脈瘤に対する治療を行います。

photo

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 監修

2019.09.04

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます