“医療基準”のヒフノコト情報

火傷、熱傷の症状・治療法【症例画像】

熱傷(Ⅰ度)の症例画像

熱傷(Ⅰ度)の症例画像

熱傷(Ⅱ度)の症例画像

熱傷(Ⅱ度)の症例画像

熱傷(Ⅲ度)の症例画像

熱傷(Ⅲ度)の症例画像

症状の特徴

熱による皮膚・粘膜の障害のことであり、誰でもが一度は経験したことのある外傷のひとつです。

熱傷はその深さにより
I度熱傷は表皮(皮膚の表面)までの損傷で、皮膚が赤くなり、ひりひりした痛みを伴います。
II度熱傷は真皮(表皮の下の皮膚)に達する熱傷で、水疱ができ強い痛みを伴います。
III度熱傷は皮膚が真皮より深いところまで損傷された状態で、一見通常の皮膚と変わりなく見えることもあります。

原因

原因として多いものには、熱湯や油(液体)が多く、小児の場合は炊飯器からの水蒸気(気体)やアイロン(個体)などがあります。

また、これら高温のものだけではなく、ホットカーペットや湯たんぽに長時間あたっていたことによる低温熱傷もあります。低温熱傷は軽傷に思えて深くまで熱傷が到達し、長期に治療がかかることがあるため要注意です。

治療法、日常生活上の注意

水道水の流水で30分以上冷やし組織障害を防いでください。その後すみやかにお医者さんに診てもらってください。
なお、氷は温度が低すぎて組織を壊してしまう場合があります。

photo

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 監修

2019.09.04

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます