“医療基準”のヒフノコト情報

細菌性腟症の症状・治療法

症状の特徴

無症状のことが多いですが、おりものの変化や外陰部症状が現れることがあります。

おりものの変化としては、魚のような悪臭がしたり、灰色で水っぽくなったりして量が増えます。外陰部症状としては、かゆみや刺激感を訴えることがあります。

原因

常在菌の乳酸桿菌が減少することで腟の自浄作用が低下し、大腸菌やブドウ球菌などの複数の病原菌が過剰増殖して、腟炎が起こります。

また、生理用品の長時間の使用、下痢などにより、外陰部が不衛生になることによっても発症することがあります。

治療法、日常生活上の注意

抗菌薬を配合した腟用クリームなどで治療します。

photo

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 監修

2019.09.04

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます