“医療基準”のヒフノコト情報

帯状疱疹の症状・治療法【症例画像】

帯状疱疹の症例画像 帯状疱疹の症例画像

症状の特徴

皮膚に赤い発疹ができ、1~2日たった頃に小さな水泡が出現します。強い痛みを伴い、多くは水泡ができる前にチクチクとした痛みが出現します。
神経の走行にそって、身体の左右どちらかにできるのが特徴です。

原因

みずぼうそう(水痘)と同じウイルスが原因です。
水ぼうそうが治ったあともウイルスが神経節に潜んでいて、身体の抵抗力が弱ったときに再活性化して帯状疱疹を起こします。

治療法、日常生活上の注意

お医者さんに診てもらいましょう。
抗ウイルス薬の内服や注射薬で全身的に治療するのが基本で、入院が必要なこともあります。痛みに対しては鎮痛剤も用いられます。

photo

薬剤師 門田 麻里さん

2019.09.04

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

※症例画像は、帝京大学医学部皮膚科 名誉教授 渡辺晋一先生 提供

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます