“医療基準”のヒフノコト情報

座ると痛い! おしり・デリケートゾーンのニキビを素早く治すために知っておきたいこと

この記事でわかること

    • おしりやデリケートゾーンにできるニキビの原因
    • ニキビ以外に考えられる吹き出物の症状
    • 何科を受診するか、治療薬について
    • 予防のために日常生活でできること

おしりやデリケートゾーンの吹き出物、気になりますよね。人には相談しにくいけれど、違和感や痛みが出てくるとますます不安になるもの。適切に対処するために、できる原因や繰り返さない方法をご紹介します。

おしり・デリケートゾーンのニキビを素早く治すために知っておきたいこと

相談しづらい…! おしりやデリケートゾーンにできるニキビの原因は?

おしりやデリケートゾーンは、体の中でも毛穴が多い箇所。下着でこすれたり圧迫されたりと刺激を受けがちなので、毛穴が詰まりやすくなり、炎症を引き起こしてニキビを発症することが多いのです。座っている時間が長いのも、この箇所にできるニキビの原因のひとつ。

また、蒸れやすく細菌が繁殖しがちなのも、おしりやデリケートゾーンの特徴です。特に女性は陰部の周りに毛が多いため、時には大きく腫れ上がることも。一方で、細かくポツポツしたニキビが、おしりから太ももまで広がってできることもあります。

いずれにせよ痕が残るのでは、と心配になりますし、痛みを伴うと座るのも辛くなるので、できる限り素早く治したいですね。

相談しづらい…! おしりやデリケートゾーンにできるニキビの原因は?

もしかして、ニキビじゃないかも? 考えられる吹き出物の症状

おしりやデリケートゾーンには、ニキビ以外にもポツポツや大きな腫れ物ができることがあります。

たとえば、毛嚢炎(もうのうえん)。毛包炎とも呼ばれ、毛穴の奥にある毛包に細菌などが感染し、炎症を起こす症状で、毛の根元が赤もしくは白くなった吹き出物です。悪化して大きく腫れ上がったものは癤(せつ)と呼ばれ、痛みを伴うこともあります。

デリケートゾーンにできるものとして挙げられるひとつが、性器カンジタ症。腟内に元々いることの多いカンジタ菌が異常繁殖し、かゆみなどを引き起こす疾患です。このほか、肌荒れが原因でポツポツした湿疹ができることなどもありますが、ニキビを含めて治療法はそれぞれ異なるので、早めに専門医の診断を仰ぐようにしましょう。

デリケートゾーンは何科を受診? 治療のために知っておきたいこと

デリケートゾーンに吹き出物などができた場合、診察してくれるのは婦人科もしくは皮膚科です。ただし、切開が必要になる場合は婦人科で対応できず、皮膚科を紹介されることも少なくありません。

逆に尖圭コンジローマのような性感染症だと、婦人科への受診を勧められることになります。肌表面を診てもらいたい、あるいは腫れて痛みがあるというときは切開もできる皮膚科を、肌表面でなく腟内などを診てもらうなら婦人科を受診しましょう。

おしりやデリケートゾーンが患部だと、診せるのが恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。でも、そのままにしておくと悪化して治りにくくなるもの。長引けば色素沈着により黒ずんでしまうこともあるため、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

どうしても恥ずかしいという人は、女性医師を指定できる病院もあるので探してみてください。

ニキビの場合、医師に処方される薬は抗生剤の塗り薬や飲み薬。使い続けて2週間から2〜3か月間で、症状はほぼ改善します。

市販薬は炎症を鎮める成分を配合されたものが多く、ドラッグストアなどで入手することが可能です。

デリケートゾーンは何科を受診? 治療のために知っておきたいこと

繰り返さないために何ができる? 日常生活で心がけたい習慣

おしりやデリケートゾーンのニキビを予防するには、いくつかの方法があります。ひとつは通気性の良い素材を使った下着を付けること。蒸れだけでなくこすれることもニキビに繋がるので、締め付けすぎないものを選びましょう。イスに座っている時間が長いと蒸れやすいので、できるだけ避けたいもの。

また、入浴時に体を洗いすぎるのも良くありません。きめが粗いタオルでゴシゴシこする…なんてことはもってのほか。市販の泡立てネットを利用してたっぷりと泡を作り、肌を滑らせるように洗ってください。

乾燥しやすい時期はおしりの保湿も大切ですが、ニキビができやすい肌の人は一般的に皮脂の分泌が多いので、毛穴の詰まりを避けるような保湿薬がおすすめ。選ぶ際はオイルを使っていない、べとつかないといった特徴のものにしましょう。

繰り返さないために何ができる? 日常生活で心がけたい習慣

photo

池袋駅前のだ皮膚科 野田真史 先生

2019.11.11

小学生から高校生の時期、重いアトピー性皮膚炎に悩まされた経験から皮膚科医を志す。
2007年、東京大学医学部医学科を卒業。2014年、東京大学大学院医学系研究科卒業、医学博士を取得。
ニューヨーク州医師免許を取得し、ロックフェラー大学で診療・研究を行う。
2016年、東京大学医学部付属病院 皮膚科助教。2018年に池袋駅前のだ皮膚科を開院し、さまざまな皮膚トラブルの解決に努めている。

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます