Home > 教えて薬剤師さん > じんましんの基礎知識と対処 > 「じんましん」ひどくなったときの対処法

教えて薬剤師さん

「日焼け(紫外線)」ひどくなった時の対処法

突然、何の前ぶれもなく現れる蕁麻疹(じんましん)。見た目が悪い上にかゆみもつらく、その症状が繰り返されると気になるものです。蕁麻疹(じんましん)の症状や原因、対処法はさまざまです。今回は、気になる蕁麻疹(じんましん)の原因と適切な対処法、そして蕁麻疹(じんましん)を繰り返さないための日常生活の注意点について解説します。

じんましんの症状とは?
かゆみを伴うことが多いじんましん。その症状はさまざま。 じんましんはその症状として、蚊に刺されたときのような、赤いふくらみが現れる皮膚トラブルです。突然、体の一部に現れたかと思うと、数時間で何事もなかったかのように消えてしまうというのも、特徴の1つです。

その形状は、2~3mmの円形や楕円形のものから、直径10cm以上にもなる地図状のものまで、じつにさまざまです。多くはかゆみを伴いますが、場合によってチクチクとした痛みや、灼熱感(熱く焼けつくような痛み)を感じることもあります。

また、症状が強い場合は、いったん消えたかと思うとまた別の場所に現れたり、次々と新しいじんましんが出て、体中に広がることもあります。

「湿疹とはどう違うの?」と思われる方がおられるかもしれません。かゆみを伴う点はどちらも一緒ですが、じんましんの場合、湿疹と違って患部がカサつくことがなく、皮膚の一部がふくらみ、しかも短時間で消えるという様子から湿疹と区別することができます。
何が原因でじんましんが出来るの?
じんましんは、かゆみを引き起こすヒスタミンという物質が、何らかの原因によって体内に放出され、神経や血管を刺激することで起こると考えられています。

じんましんと一口に言っても、いくつかの種類があり、まずは「特定の刺激が原因のタイプ」と、「原因不明のタイプ」に大別されます。

前者のタイプは、その原因によってさらに「アレルギー反応によるもの」「物理的刺激によるもの」「発汗刺激によるもの」の3つに分類されます。

そして、後者のタイプは、やっかいなことに原因が分からないだけでなく、毎日のように症状が繰り返されるのが特徴で、1ヵ月以内に治る場合を「急性じんましん」、1ヵ月以上続くものを「慢性じんましん」として区別しています。

●じんましんのおもな種類

 

原因が分からないと「体のどこかが悪いの?」と不安になる方も多いでしょう。原因不明のタイプのうち、急性じんましんについては食べ物や風邪、気管支炎が原因のケースもあると考えられていますが、慢性じんましんの場合、まだはっきりしたことは分かっていません。

ただ、慢性の場合でも、発症から1~2年以内が症状のピークで、治療によってしだいに軽くなり、いずれ治るケースが多いとされています。


>じんましんが出たら、どう対処する?
じんましんが現れたときの対処法
じんましんが現れると多くの場合、強いかゆみを伴います。そういうときは入浴を避け、患部を冷やすといいでしょう(ただし、寒冷刺激によるじんましんの場合は避けて下さい)。衣類などによるまさつや圧迫の刺激を与えないよう注意し、ゆったりと安静に過ごして下さい。

じんましんの治療の中心は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服です。併せて腫れやかゆみが強くてガマンできない場合は、充分な強さのステロイド外用剤を選ぶことをおすすめします(「ステロイド外用剤にはどんな種類があるの?」を参照)。かゆみを早期に抑えることで心理的なストレスも軽くなり、かき壊しを防ぐことができます。

かき壊してしまった場合には、抗生物質が配合されたステロイド外用剤を用いて、炎症と細菌の増殖を抑えましょう。ただし、じんましんが広範囲の場合は医師の診療を受けてください。

また、小さい子どもの場合、アレルギーを起こす可能性がある食べ物については、保護者の慎重な配慮が必要です。じんましんが現れると、子どもはかゆみがガマンできないため、かき壊しを防ぐためにも早めの対策を心がけて下さい。

もし、じんましんだけでなく、まぶたや唇の腫れ、呼吸困難を伴う場合は危険な状態の恐れがありますので、すぐに医療機関を受診して下さい。
じんましんを繰り返さないために
じんましんも、種類によっては予防が可能です。アレルギー反応によるじんましんの場合、原因となる食物や薬剤を避ければ、基本的に症状が出ることはありません。

アレルギーを引き起こす物質はさまざまですが、なかでもソバやピーナッツ、ラテックス(ゴム)が原因の場合は、重篤な症状が出る危険性があります。「体質改善をしよう」と安易に考えるのではなく、厳重にその物質を避けるようにして下さい。

原因不明のタイプの場合、何が原因かは特定出来なくても、疲労やストレス、食生活がじんましんを悪化させるとされています。がんこなじんましんで悩んでいた方が、職場や生活環境の変化をきっかけに、突然治ることもめずらしくありません。充分な睡眠やバランスのとれた食事、過労や人間関係によるストレスの解消を心がけるようにしましょう。

そして、適切な治療のためにも、症状が続く場合は「たかがじんましん」と放置せず、医療機関で検査を受けることをおすすめします
【関連記事】
「ステロイド外用剤にはどんな種類があるの?」

じんましんの基礎知識と対処