Home > 教えて薬剤師さん > ドライスキンの基礎知識と対処 > 冬の肌トラブル〜乾燥肌の原因と対処法

教えて薬剤師さん

冬の肌トラブル〜乾燥肌の原因と対処法

冬に多い肌トラブル、乾燥肌。空気が乾燥する季節だから仕方がないと思っていませんか?乾燥肌は環境の変化が原因となるほか、個人の生活習慣が悪化の原因となっていることもあります。今回は、乾燥肌を招きやすい原因について探るとともに、それに適した治療法やスキンケアについて解説します。

冬に皮膚が乾燥するワケは?
  気温が下がると途端に気になる乾燥。肌トラブルも増えがちに?
冬の季節、多くの人を悩ませる肌トラブルに、乾燥肌があります。冬だから仕方がないと放置しがちですが、かゆみが強くなってストレスがたまったり、掻きすぎてますます肌を刺激から弱くし、炎症に発展し、それをさらに掻きこわして症状が悪化するなど、日常生活に大きな支障をもたらします。
下記の項目はいずれも、皮膚が乾燥することで起こりやすくなるものです。冬はとくに思い当たる人も多いのではないでしょうか。


 

乾燥肌は、気温や湿度の低下といった環境の変化がおもな原因です。寒さ対策のために普及したエアコンが、皮肉にも肌の乾燥を招いていることも挙げられます。そして季節的な環境の変化は、体のはたらきにも影響をもたらし、乾燥肌を招くさらなる要因となっているのです。

暑い夏の季節、私たちの体は全身に血流をめぐらせて汗をかき、体温を下げようとします。一方、冬は気温とともに体温が下がり始めると、血管を収縮させ、体温が奪われるのを防ごうとします。その結果、肌表面や手足などの末端に血液が行き渡らなくなります。寒くなると手足がかじかむのはそのためです。

血流が悪くなると体のすみずみまで栄養が行き届かなくなり、健康な肌をつくる機能が低下し、肌のうるおいのもととなる皮脂と汗の分泌も減少してしまいます。こうしたことが、乾燥肌を招く原因となるのです。

あなたの乾燥肌はどのタイプ?
冬になると誰の肌でも乾燥しやすくなりますが、個人差も見られます。家族の中でひどく肌の乾燥に悩んでいる人もいれば、そうでもない人もいます。人によって肌の状態が異なるのは、季節的な環境の変化に加え、その人だけが抱える原因もあるからです。

そうした原因のひとつとして挙げられるのが、加齢です。肌のうるおいのもととなる皮脂の分泌は、性ホルモンと関係しています。性ホルモンの分泌は女性で20歳代、男性では20〜40歳代でピークを迎え、その後は徐々に減少していきます。そのため、年齢とともに肌のうるおいが失われ、とくに高齢者で肌が乾燥しやすくなるのです。


さらに、人によってライフスタイルは異なります。生活習慣や嗜好品は人それぞれです。それが、乾燥肌をさらに悪化させている場合もあるのです。

 

肌がカサついたりかゆみを感じたりして日常生活に支障をきたしているのに、「冬だから」とあきらめている人も多いでしょう。しかし、乾燥肌を悪化させる原因は、自分の生活習慣の中にひそんでいるかもしれません。


生活習慣の中に原因を見つけ、それに適した対策を講じることは、乾燥肌の症状改善につながると考えられます。

乾燥肌の治療方法
乾燥してカサついた肌にはまず、保湿剤を用いてうるおいを与えることが大切です。保湿剤にはたくさんの種類がありどれを選ぶか迷ってしまいますが、どの種類にも肌のうるおいを維持する成分が入っています。

毎日、こまめに塗ることで効果も得られるため、使い心地の気に入ったものを選ぶと良いでしょう。どんな種類が適しているか、いつ、どのように塗れば良いかなどは、購入の際に薬局で相談することをおすすめします。



こうした保湿剤は、肌の乾燥が初期の段階には適していますが、かゆみが強いと、ガマンできずについつい掻いてしまいます。すると掻くことが刺激になって炎症がひどくなり、さらにかゆくなるという悪循環に陥ってしまいます。

肌を掻きこわすと症状が治りにくくなるだけでなく、傷痕が残る恐れもあります。早く、そしてキレイに治すためには、ステロイド外用剤を用いて適切な治療を行う必要があります。掻きこわして出血したり、肌がただれてしまっているような場合は細菌が繁殖する恐れがあるため、抗生物質の配合されたステロイド外用剤を用いることをおすすめします。
重要なのはスキンケア
乾燥している皮膚には、乾燥を悪化させるようなライフスタイルを見直すことも必要です。いくら保湿剤で皮膚にうるおいを補っても、原因となる生活習慣を見直さないことには、根本的な乾燥肌の改善は難しくなります。

まず、冬はとくに肌の洗いすぎに注意しましょう。肌を清潔に保つことは大切ですが、洗う回数が多いからといって必ずしも健康な肌を保てるわけではありません。逆に洗いすぎは、皮脂を洗い流し、洗浄剤が刺激となって皮膚トラブルを招くこともあります (症例図鑑「洗剤かぶれ」を参照)。

顔(とくにTゾーン)や胸、上背部などは比較的皮脂が多く分泌されていますが、すねや背中などは乾燥しやすい部位です。洗浄剤を使いすぎたり、強くこすったりしないよう注意しましょう。

エアコンを使用する際には、適切な温度設定にするほか、直接体に温風が当たらないようにする、加湿器を用いるなどの工夫が必要です。保湿剤で肌に補給したうるおいを、洗いすぎやエアコンの温風といった外からの刺激で失わないようにしましょう。

また、皮膚には、体の内側から材料となる栄養素をバランスよく補給し続けることが重要です。健康な皮膚を維つくるためには、コラーゲンをつくる材料となるタンパク質をはじめ、ビタミン類が役に立ちます。乾燥肌の改善には、かたよった食生活を改善し、 ビタミンCを破壊する喫煙の習慣を見直すことも重要です。



  さらに、冬は汗をかく機会が少ないため水分の摂取を怠りがちですが、体内の水分は不感蒸泄(皮膚や呼気からの水分喪失のこと)や排尿などから、じっとしているときでも1日に1,500ml前後、動いているときには2,500ml前後が奪われています。水分補給を怠ると肌の乾燥をさらに招くため、温かい飲み物などで水分を摂るように心がけましょう。

肌の健康状態は、環境や生活習慣と密接に関連しています。自分自身のライフスタイルを見直すことは、乾燥肌だけでなく、多くの皮膚トラブルの改善に役に立つでしょう。

【関連記事】
「症例図鑑「洗剤かぶれ」」
「症例図鑑「乾燥肌」」

ドライスキンの基礎知識と対処