Home > 教えて薬剤師さん > 敏感肌は要注意!気をつけたい湿疹・皮膚炎 > 日光(紫外線)皮膚炎になったら、どうする?

教えて薬剤師さん

日光(紫外線)皮膚炎になったら、どうする?

紫外線は、日本の場合1年のうちでは5月から8月、1日のうちでは正午頃にもっとも強くなります。強い紫外線に長時間さらされると、いわゆる日焼けという状態になり、皮膚が赤くなってひりひり痛むことがありますが、これは日光(紫外線)皮膚炎という炎症です。今回は、日光皮膚炎が起こる仕組みと症状、治療法、予防法をお伝えします。

日光(紫外線)皮膚炎はなぜ起こるの?
紫外線はUVA、UVB、UVCの3種類があります。UVAがもっとも波長が長く、もっとも短いのはUVC。UVBはその中間です。紫外線には、波長が長い方が皮膚の奥に入り込むという性質があるため、UVAは真皮にまで達してしまいます。一方、UVBはほとんどが表皮内にとどまるものの、細胞の中にあるDNAを傷つけるなどより強い影響があります。UVCはオゾン層で吸収され、地上には届きません。

日光皮膚炎の主役はUVBです。UVBによってDNAが傷つくと、細胞の修復機能が働きます。それに伴い炎症を起こす遺伝子も活動を始めてしまうため、数時間で皮膚が赤くなるなどの症状があらわれるのです。その後1週間ほどして皮がむけるのは、死んだ皮膚の細胞がはがれ落ちるためです。

紫外線は上空から地上に達する間に、空気の分子などの影響で散乱されたり、地面で反射されたりするため、空の見える場所では、上からだけでなく横からや下からも紫外線を浴びます。海やプールでは、遮るもののほとんどないところで肌の大部分を露出させ、水面で反射された紫外線も多く浴びるため、日光皮膚炎を起こしやすいのです。また、標高の高いところは低地よりも紫外線が強いので、山や高原でも油断は禁物です。

日光皮膚炎とは別に、日光にさらされた部分に湿疹があらわれるなどする日光(光線)過敏症という皮膚炎があります。日光過敏症は、抗菌薬、降圧薬、血糖降下薬などの薬の作用でも起こります。この場合は、ただの日焼けとは明らかに異なりますので、日光過敏症が疑われる場合は、かかりつけ医や皮膚科の医師に相談しましょう。
日光(紫外線)皮膚炎でなぜ肌が黒くなるの?
日本では、紫外線による炎症症状(赤い日焼け)も、そのあとに皮膚の色が黒くなること(黒い日焼け)もひとくくりに「日焼け」といいますが、英語では前者をサンバーン、後者をサンタンと呼び分けています。

では、日光(紫外線)皮膚炎でなぜ皮膚が黒くなるのでしょう。それはみなさんもよくご存知の「メラニン色素」の影響です。

メラニン色素は、皮膚の「表皮」の「基底層」にある「メラノサイト」という細胞から生まれます。UVBによってDNAが傷つくと、細胞の修復機能が働いて炎症反応が起こりますが、このときメラノサイトも刺激され、メラニン色素を大量につくり出すというわけです。

メラニン色素は、シミなどをつくり出す物質として嫌われがちですが、実は紫外線を吸収し、真皮を紫外線の影響から守るという大事な役割を果たしているのです。

しかし皮膚の色が黒くなることも、DNAが傷ついて炎症が起こった結果ですから、「黒くなるだけで赤くならないわ」という人も、紫外線には注意した方がよいのです。

紫外線に対する皮膚の反応は、次の6つのタイプ(フォトスキンタイプ)に分けられ、日本人の多くは2から4のタイプに当てはまります。1、2のタイプの人は紫外線による皮膚の老化(光老化)を起こしやすいとされています。

1 白人。容易に赤くなるが、決して黒くならない。
2 容易に赤くなり、わずかに黒くなる。
3 ある程度赤くなり、黒くなる。
4 わずかに赤くなり、容易に黒くなる。
5 もともと濃褐色である。ほとんど赤くならない。
6 黒人。決して赤くならない。
じんましんになってしまったら
日光皮膚炎は、紫外線による炎症です。紫外線に当たった部分が赤くなり、ヒリヒリします。ひどいときには皮膚のむくみや水ぶくれもあらわれます。こうした炎症症状は、強い紫外線に当たってから6~24時間後にもっとも強くなります。時間に幅があるのは個人差によるものです。

まずは冷やすことが大事。熱っぽくヒリヒリしている部分に、冷たい濡れタオルを当てましょう。ビニール袋に氷と水を入れ、タオルでくるんだものを使ってもよいでしょう。この場合は必ずタオルでくるみ、皮膚に直接当てないようにしてください。

長時間強い紫外線に当たった場合は、皮膚の症状だけでなく、熱射病を起こしたり、高熱が出たり、脱水になったりすることがあります。広範囲に及ぶ皮膚の炎症による全身の脱水を防ぐために、水分をたくさんとることも大事です。
このようなときは病院での治療が必要ですので、早めに受診しましょう。

治療薬は、炎症の程度に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤またはステロイド外用剤を用います。炎症がひどいと、抗炎症作用の強いステロイド外用剤を使いたくなるかもしれませんが、日光皮膚炎の場合は、炎症の範囲が広範囲に及ぶことが少なくないので、決められた使用量(「ステロイド外用剤の正しい使い方」参照)を守ることが大切です。とくに症状の強い部分にのみ塗るなど、使い方を工夫するとよいでしょう。

皮膚科では、スプレータイプの薬をすすめられたり、消炎鎮痛剤の内服薬を一緒に処方されたりすることもあるようです。

子供の場合は、年齢によって使用できるステロイド外用剤の強さが違うので、薬剤師に子供の年齢や症状を伝え、薬の選択を相談しましょう(「子供の肌トラブルなぜ多い?どう対処する?」参照)。

炎症は数日で治り始めますが、皮膚がもとの状態に戻るまでには数週間かかります。炎症が治まったあとの皮膚は乾燥しているので、刺激の少ないローションや乳液などで、水分と油分を十分に補いましょう。

紫外線を浴びた皮膚の中には活性酸素が多量に発生しています。そこで、活性酸素を減らすのに役立つビタミンCをたくさん食べることも、皮膚の回復を促します。芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツなど、ビタミンCが豊富な野菜や果物を積極的に摂取してください。
じんましんは予防できるの?
強い紫外線に当たるのを避けることが、もっとも効果的な予防法です。とくに紫外線の多くなる午前10時頃から午後2時頃までの間に外出するときは、日傘、つばの広い帽子、サングラス、長袖の服、手袋などで、紫外線から身を守りましょう。木陰や建物の影を歩くなど、直接日光を浴びない工夫も必要です。

夏は海や山など行楽に出かけることも多いシーズンですが、屋外で長時間過ごすときはサンスクリーン(日焼け止め)を塗るとよいでしょう。サンスクリーンの効果の強さは、UVAを防ぐ効果を3段階で示したPAと、UVBを防ぐ効果を数値で示したSPFという指数で表されます。

サンスクリーンは目的にあった選択を


※SPFは、UVBにより翌日生じる赤みを指標にしています。たとえば、普通は夏の海岸で20分間日光に当たると翌日赤みが出ますが、SPF30のサンスクリーンを塗った場合は、20×30=600分(10時間)という計算になり、10時間日に当たってはじめて翌日赤みが出るということになります。

サンスクリーンだけに頼らず、日傘などの防御グッズを併用するのがベストです。
また、紫外線はガラスも通り抜けるため、家や車の窓ガラスにはUVカットフィルムを貼るとよいでしょう。

環境の悪化によりオゾン層の破壊が進むなどして紫外線の量は増えつつあります。これからの季節はとくに紫外線対策が重要ですが、もし日光皮膚炎を起こしてしまった場合は、皮膚のダメージを最小限にとどめるよう適切に対処しましょう。

敏感肌は要注意!気をつけたい湿疹・皮膚炎