Home > 教えて薬剤師さん > ステロイド剤の基礎知識と上手な使い方 > 正しく使えばステロイド外用剤は怖くない!

教えて薬剤師さん

正しく使えばステロイド外用剤は怖くない!
文章:飯島 考子(All About「湿疹・皮膚炎」旧ガイド)

ステロイド外用剤はなぜ、怖い薬と思われているの?
「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が黒くなる」、ステロイド外用剤に関してこのような情報を見たり、聞いたりしたことはありませんか?こういった例はステロイド外用剤においては、すべて間違った情報です。

しかし、ステロイドの副作用についての知識を持たない方々に対しては、恐怖心をあおるのに充分です。ウソの情報に惑わされないようにするためには、まずはステロイドにはどんな副作用があるのかをきちんと理解することが必要です。

ステロイドには多様な作用がありますが、それが強く働くと副作用として症状に現れます。例えば、「脂肪を増やす→ムーンフェイス」、「糖をつくる→糖尿病」、「カルシウムを排泄する→骨粗鬆症」などです。しかし、これらの副作用は、あくまでも大量のステロイド剤を飲み薬や点滴などの方法により、長期間にわたって全身に投与した場合のこと。

皮膚に塗るタイプの“ステロイド外用剤”の目的は、局所的に作用させることですので、使用期間を守らず長期間使用し続けるなど特殊な例で「皮膚が薄くなる、血管が浮き出る」ことを除いては、全身はもちろん、局所的にも副作用が現れることは、まずないといっていいでしょう。

それどころか、むしろステロイド外用剤の薬効を味方につければ、短期間で
しっかりと炎症を抑える効果が期待できます。

現在、病院で処方されたり、薬局で購入できたりするステロイド外用剤は多くの厳しい審査をくぐり抜けて販売されているものばかりです。ですから基本的には、薬の説明書に書いてある注意事項を守って正しく使用すれば、心配はありません。ステロイド外用剤を上手に利用して、短期間できっちり治療することを心がけましょう。
ステロイド外用剤の正しい使い方
それでは、ステロイド外用剤の正しい使い方についてご紹介します。その前に、準備として、患部が清潔な状態かチェックしてみましょう!汚れた皮膚にステロイド外用剤を塗っても、薬の効果が十分に発揮できません。皮膚の汚れは、あらかじめ落としておくようにしましょう。

1.回数と塗るタイミング
皮膚に塗布する回数の目安は1日2~3回、適量を患部に塗るのが一般的です。その後、症状がよくなってきたら徐々に塗布回数を減らしていきます。塗布するタイミングは、肌が清潔な状態に保たれているお風呂上がりがベスト。ただし、肌への刺激を避けるため、体の火照りがおさまってからにしましょう。患部は無理にタオルでゴシゴシこすると刺激になってしまうので、患部にティッシュなどを押し当てて、軽く水分を吸い取るようにすればOK。ハンドクリームなどの保湿剤と併用する場合には、保湿剤を塗った上から患部にだけステロイド外用剤を塗るようにします。その逆だと、本来使用したくない範囲まで、ステロイド外用剤が伸びて広がってしまう可能性があるからです。

2.塗り方と使用量
塗り方の基本は、適量を乗せた指の腹を使って患部をさらっとなぞります。患部をかき壊していたり、化膿したりしている場合には、ステロイド外用剤を薄くのばしたガーゼで患部を覆う方法が適しています。ただし、化膿している患部には、抗生物質を配合したタイプのものしか使用できません。

また、使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。一般的に塗り薬の使用量の指針となるのが「フィンガーチップユニット」といわれているもの。これは、大人の手のひら2枚の広さに対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0.5グラム)の薬の塗布が基準とされています。

3.使用期間の目安
一般に、ステロイド成分は強力な抗炎症作用をもっているので、通常では数日から1週間程度で効果が現れます。仮に正しい使用方法で1週間たっても、薬の効果が見られない場合は皮膚科医の診察を受けるようにしましょう。ちなみに、ステロイド外用剤の使用上の注意には「長期連用しない」とうたっていますが、この「長期連用」の期間とは約2週間ほどだとお考えください。
使用部位および年齢による使い分け
ところで、同じステロイド外用剤を使っても、実は患部の場所によって効果の現れ方が変わることがあるのをご存じでしょうか?その理由は、ステロイド外用剤の皮膚への吸収率が部位によって異なるからです。

具体的には、腕を1とすると頭皮3.5、ひたい6.5、頬13、わき3.6、背中1.7、腕外側0.83、陰部42、足首0.42、足の裏0.14といった割合です。つまり、吸収率のよくない手のひらや足などは、strongタイプ、陰部など吸収率のよい部位にはmedium、weakタイプ、とステロイド外用剤を使い分けがふさわしいということになります。また、吸収率のよい部位でも、短期間strongタイプを使って治療する方法もあります。(ステロイド外用剤の種類と選び方

年齢による使い分けで注意したいのは、赤ちゃんや幼児へ塗布する場合でしょう。もともと皮膚が薄く、皮膚表面の防衛機能が未熟である赤ちゃんや幼児は、大人と比べてステロイド外用剤の吸収率が高くなります。ですから、大人よりもランクを落とした薬を使用しても、効果が発揮できるといえるでしょう。部位や年齢に応じて、ふさわしいランクの薬を選ぶことがポイントになります。
それでも心配な時の解決法
このように、ステロイド外用剤は正しい方法で使えば安全性については心配ありません。また実際に、長年にわたる臨床試験によって薬の特性や副作用についても十分認知されています。それでも、「やっぱりまだ少し不安…」という方のために、ステロイド外用剤を使うにあたって特に気をつけたいことについてご紹介しますので、ご参考になさってください。

・疾患部位以外には使用しないこと。予防的な使用も好ましくありません。
・腕や足に満遍なく塗るほど使用面積が広くなる場合には、念のため医師の診察を受けましょう(一般的には、全身に塗るなどの使い方をしないかぎりは、問題はないとされています)。
・吸収率の高い顔面への使用は短期間にとどめましょう。顔面の広範囲にわたる患部に関しては、weakタイプかmediumタイプの使用が適しています。
・1週間以上にわたる長期使用は避けて、炎症が治まったら使用を中止しましょう。
・長期にわたってステロイド外用剤を使い続けてしまった場合、急に中止することで皮疹が一時的に増悪するケースもまれにあります。このような場合の薬の中止や種類の変更などは、医師の指示に従いましょう。

短期間でしっかりと炎症を抑えるために、患部の症状にふさわしいステロイド外用剤を正しい方法で使用することを心がけましょう。

ステロイド剤の基礎知識と上手な使い方