“医療基準”のヒフノコト情報

それって手水虫かも?気になる手のブツブツの正体と対処法

それって手水虫かも?気になる手のブツブツの正体と対処法

手のひらや指にできる、正体不明のブツブツ。手にブツブツがあると人目につきやすいですし、ネイルなどのおしゃれもできないですよね。

ひとくちに手のブツブツといっても、その種類と原因はさまざま。もしかすると手水虫の可能性も!

今回は、手のブツブツの種類や原因にあわせた正しい対処法について解説します。

手のブツブツにはいろいろある、水虫ってことも

手のブツブツにはいろろある、水虫ってことも

手のひらを触ると、足の裏と同じように皮ふが厚く、固い感じがしませんか?

これは、外部の刺激から手のひらを保護しようと、厚い角質が覆っているため。

そもそも手のひらは強い部位ですが、外部からしょっちゅう刺激が加わるため、いったんブツブツができると治りづらくなることもあるのです。

また、ひとくちにブツブツといっても、接触皮膚炎や汗疱(かんぽう)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、水虫などたくさん!

ブツブツができる原因もアレルギーや真菌、皮ふ以外の病気の影響を受けているものなど様々です。

「いろいろあると、原因が分かりにくい」と混乱しますよね。しかも原因が違えば、対処法も違って当然。

ここでは手のブツブツを「手だけに症状がでるもの」「手以外にも症状がでるもの」に分けて、正しい対処法をご紹介します。

普段の行動やクセがきっかけに~接触皮膚炎のブツブツ

普段の行動やクセがきっかけに~接触皮膚炎のブツブツ

手だけにでるブツブツの場合、まずは接触皮膚炎を疑いましょう。「腕時計やネックレスでかぶれる皮ふトラブル」と思い浮かべる人が多いかもしれませんが、接触皮膚炎の原因物質はほかにもたくさんあるんです。

たとえば、利き手の症状が強い場合、原因物質として考えられるのはスポンジに含ませた台所用洗剤、利き手の反対側の場合はスマートフォンのソフトカバー、両手の場合は手洗い石鹸や自転車のハンドル、といった具合です。

さらに両手でも、水ぶくれが破れるなど皮ふがただれるような強い症状がでる場合は、観葉植物が疑わしい場合があります。

>「かぶれ」や「アレルギー反応」はなぜ起きる?原因物質の一覧表も。

手も足もカサカサ…それって手水虫かも!?

手以外に足にもトラブルがある場合、手の症状として手水虫の可能性も!

手のひらがカサカサして皮ふが剥がれ落ちやすくなっていれば、ますます手水虫の疑いが強くなります。

「水虫は足にできるものでは?」と驚きますよね。

水虫の原因は、白癬(はくせん)菌といわれる真菌(カビ)の一種。真菌は高温多湿の環境を好むため、ふだん靴をはいてムレる足に水虫ができやすくなります。

手は足に比べて蒸れることは少なく、また1日に何度か手洗いするので手に水虫が感染しにくいのですが、その足に直接触れることで、手に真菌がうつり、手水虫になることもあるようです。

また、足に直接触れる以外にも、水虫にかかっている人が使っているスリッパやバスマットを共有したり、それらを手で触れることで、間接的に真菌に感染する危険性も!

手や足に水ぶくれができたとき

手や足に水ぶくれができたとき

汗疱(かんぽう)や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)も水虫と同じく、手と足にトラブルがでる皮ふの疾患です。

汗疱は、手のひら、手の指、足の裏に小さな水ぶくれができ、季節の変わり目に多いのがポイント。

「汗疱って書くのは、汗が関係している?」と気づいたでしょうか。たしかに汗疱になるのは汗かきの人が多く、発汗が関連すると考えられていますが、解明はされていません。

じつは金属アレルギーの一種で、体内に取り込まれた金属が汗といっしょ分泌され、身体の中でも多く汗をかく手のひらや足の裏でかぶれを起こしているのでは?という考え方もあるようです。

掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に小さな水ぶくれができ、膿疱(黄色い膿をもったブツブツ)になった後、自然とはがれていくのがポイント。

こちらもたしかな原因は不明ですが、扁桃腺炎や虫歯、歯周炎、副鼻腔炎、中耳炎や金属アレルギーを持っている人、喫煙者に多いというのが気になるところです。

どうやって治すのが正しい?手のブツブツ

どうやって治すのが正しい?手のブツブツ

原因の異なる手のブツブツは、対処法も異なってきます。

まず、接触皮膚炎が疑われる場合、原因物質を取り除かない限り、症状を繰り返してしまいます。原因物質を突き止めるには、医療機関でパッチテストを受けることも方法の1つです。

原因が分かればその物質を避け、ブツブツにはステロイド軟膏を使い炎症を抑えて対処しましょう。

>放っておいたら悪化するかも?「皮ふトラブルの正しい治療」3つのポイント

汗疱や掌蹠膿疱症も基本はステロイド軟膏ですが、症状を繰り返す場合は金属アレルギーを調べるパッチテストや皮ふ以外の疾患を考えると良いですね。

タバコを吸う人は、健康のためにも禁煙を考えてはいかがでしょうか。

一方、水虫の場合は、対処法がちょっと違ってきます。

というのも、水虫の原因となる白癬菌をやっつけるのは、抗真菌薬というお薬。ステロイド軟膏は、薬の作用から逆に白癬菌を増やす恐れがあって使えません

>水虫を治療するなら知っておきたい「なぜ水虫などにはステロイド外用剤は使えないの?」

ブツブツの原因が不明のときは、自己判断でステロイド軟膏を使用するのは避け、必ず医療機関に相談しましょう。

まとめ

気になる手のブツブツは、かぶれなどアレルギーが原因とは限りません。

ステロイド軟膏でもなかなか治らない、悪くなったなどの場合は手水虫などの感染症も考えられます。

原因が違えば対処法も違ってきますので、まずはブツブツを引き起こしている原因を明らかにすると良いでしょう。

症状が長引いたり悪化したりする場合は、自己判断で対処を続けるのは禁物。

原因に応じた正しい対処を行うためにも、医療機関で専門の治療を受けて下さい。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。