“医療基準”のヒフノコト情報

「とびひ・毛のう炎・めんちょう」って何?

「とびひ・毛のう炎・めんちょう」って何?
とびひ・毛のう炎・めんちょう…これらはいずれも、皮膚にすみついている常在菌といわれる菌が原因となって引き起こされる皮膚病です。常在菌は、普段は肌に悪さをしませんが、ちょっとした肌トラブルをきっかけにとびひ・毛のう炎・めんちょうなどを発症させてしまうことに。

こうした皮膚病を引き起こす原因や、いざかかってしまったときの対処法についてまとめてみました。

あっという間に症状が広がってしまう「とびひ」

『とびひ』は、顔、体幹、手足にあらわれます

小さなお子さんによく見られる「とびひ」。正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせい のうかしん)」といい、ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)などの菌が原因となって引き起こされる皮膚疾患です。

これらの菌は肌にすみつく常在菌で、肌が健康な状態であればとくに悪さはしません。ところが、肌に傷がつくなど何らかの理由で肌のバリア機能が低下すると、そこに入りこみ、繁殖して毒素を出すのです。患部を掻くことであっという間に症状が広がることから、火事の飛び火にたとえて「とびひ」と呼ばれています。

とびひには、大きく分けて2種類あります。

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

小さいお子さんに多く見られるタイプです。ブドウ球菌という菌が原因で、虫刺されやあせも、すり傷などの部位に入りこんで繁殖します。

するとそこに透明の水疱ができ、しだいに膿疱となって皮がめくれるのですが、かゆみをともなうことから小さいお子さんではガマンできずに掻いてしまい、中の液が周囲に染み出て、症状が広がっていくのです。

痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

年齢に関係なく、アトピー性皮膚炎の患者さんに合併することが多いタイプです。

溶血性連鎖球菌という菌が原因で、赤く腫れた肌に水疱や膿疱が出来て皮がめくれ、さらには厚いかさぶたとなります。重症化することが多く、強い炎症や痛みをともなうほか、発熱やのどの痛みなど全身に症状があらわれます。

ひどい場合には菌が生み出す毒素によって、全身が真っ赤になってしまうケースもあります。

とびひの広がりを抑えるにはどうすればいいの?

では、とびひになってしまったら、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

「水疱性膿痂疹」の場合

まずは患部に抗生物質の軟膏を塗ります。さらに患部を乾かすはたらきのある亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)をリント布と呼ばれる当て布に伸ばし、それを肌に貼って上からガーゼで覆います。

患部が乾いてくれば亜鉛華軟膏は中止し、抗生物質の軟膏をかさぶたが自然に取れるまで塗り続けます。炎症が強い場合は短期間、ステロイド外用剤をもちいます。また、かゆみが強い場合は、掻いて症状が広がるのを防ぐためにも、抗ヒスタミン剤を内服すると良いでしょう。

「痂皮性膿痂疹」の場合

炎症が強く、痛みをともなう場合が多いため、塗り薬ではなく抗生物質を内服で対応します。重症の場合は点滴注射が必要となります。

また、日常生活上の注意点として、他人にうつす危険性に配慮しましょう。保育園や幼稚園、小学校に通う小さなお子さんがとびひにかかったら、夏場の場合はプールを控えるようにしましょう。家族にうつさないためにもお風呂は湯船につからず、シャワーを浴びるようにします。タオルの共有も厳禁です。

とびひは、いったんかかってしまうと日常生活に大きな不都合が生じます。とびひにかからないために、次のような点に注意しましょう。菌は高温多湿の環境で繁殖しやすいため、夏場はとくに注意が必要ですね。

  • 手洗いを励行する
  • 爪を短く切る
  • 肌の清潔を保つ(とくにあせもの出来やすい部位に注意)
  • あせもや虫刺され、傷の手当ては早めに行う(掻きむしらないよう注意)
  • 家族内の感染を防ぐためにも、同じタオルは使わない

とびひはあっという間に広がってしまいます。早めの段階で気づき、対応することで症状の悪化を抑えるようにしましょう(「皮膚の炎症で「抗生物質」は使うべき?」を参照)。

患部が広範囲に広がったり全身症状が見られる場合は、早期に医療機関を受診することが必要です。

毛のう炎・めんちょうはどうして出来るの?

「毛のう炎(もうのうえん)・めんちょう」は、とびひと同様、肌にすみついている常在菌であるブドウ球菌によって引き起こされる感染症です。

肌には無数の体毛が生えており、その毛は肌の外に出ている部分と、肌の中に埋もれた毛根から成り立っています。その毛根を包んでいるところを毛包(もうほう)といい、毛のう炎・めんちょうは、何らかの原因によってこの毛包に菌が入りこむことによって症状が引き起こされます。
顔や首は特に目立ちますね・・・
たとえば、ひげを剃る際に毛包に小さな傷がついてしまったり、汗をかくなどして肌がふやけた状態が長く続き、表皮がはがれた状態になると、毛包に菌が侵入しやすくなります。

このように、毛包のひとつひとつが菌に感染することによって、炎症などの症状が引き起こされるのです。

毛のう炎の場合、毛包のあるところに一致して赤いブツブツや膿を含んだ膿疱(のうほう)ができ、赤みをおびた状態となります。かゆみや痛みはありません。

首の後ろ側やふともも、お尻などに出来やすく、数も1個から数個でおさまる場合もあれば、数十個できることもあります。

毛のう炎がひどくなって大きくなり、膿疱のあるところが固く芯のあるような状態になったものを「せつ(一般的にはおでき)」と言います。その「せつ」が顔に出来たものを「めんちょう」と呼び、毛のう炎と違って軽い痛みをともなうのが一般的です。

気になる毛のう炎・めんちょうはどうして治す?

毛のう炎は、赤いブツブツの数が少ないときは自然に治るため、とくに治療の必要はありません。つぎつぎとブツブツがあらわれ、数も多いなど症状が重いときには抗生物質の軟膏を用いた治療が必要となります。炎症が強い場合は、抗生物質が配合されたステロイド外用剤を使用することもあります。

めんちょうも、通常、膿疱から自然と膿が出て治りますが、なかなか症状がおさまらない場合は、化膿を止める目的で抗生物質の軟膏を塗ったり、内服をすることで治療を行います。まれに重症化した場合には、膿を出すためにメスを使って切開することもあります。

毛のう炎・めんちょうは、誰にでも出来る皮膚病です。たまに出来る程度であれば気にすることはありませんが、しょっちゅう出来る場合にはひげ剃りの方法など、日常生活上のちょっとした習慣が原因となっているかもしれません。

また、自然と治る場合であっても、顔に出来てしまった毛のう炎や、鼻など目立つ部位に出来ためんちょうは、人目が気になるものです。毛のう炎・めんちょうの原因となる細菌感染を防ぐためにも、日常生活ではつねに清潔を保ち、肌の健康を維持するバリア機能を低下させないよう注意しましょう。

自然と治ることの多い、毛のう炎・めんちょうですが、とくに思いあたる原因もなく症状が改善されないようであれば、医療機関を受診し、相談してください。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。