“医療基準”のヒフノコト情報

症例図鑑「洗剤かぶれ」

症例図鑑「洗剤かぶれ」

指のかゆみやブツブツ、出血をともなうひび割れなど、日常生活を送る上で何かとやっかいな手荒れ。家事や水仕事が原因となるだけに治りにくく、症状が出やすい冬の季節はとくに注意が必要です。

今回は頑固な手荒れの原因や治療法、くりかえし起こさないための予防策などを解説します。

強い手荒れ…それは洗剤かぶれかも

水仕事による洗剤かぶれ
「水仕事がつらい…」そんな悩みを抱えていませんか?

毎日の水仕事のたび、指先や指の腹の赤みが増したり、ブツブツが出来るなど強い手荒れに悩まされている人は多いのではないでしょうか。

単なる手荒れと放置されがちですが、こうした症状は「洗剤かぶれ」と言い、治りにくい皮膚トラブルのひとつとされています。

洗剤かぶれは、日常的な水仕事や洗剤などによって皮脂や角質がはがれ落ち、皮膚を保護するバリア機能が低下したところに洗剤が刺激となることで生じます。そのため、毎日のように水仕事をする主婦や、仕事柄、水に触れる機会の多い美容師、調理師などによく見られます。

そもそも手は、皮膚表面を乾燥や刺激から守ってくれる皮脂を分泌する皮脂腺が少ない部位です(手のひらにはまったくありません)。そのため、体の他の部位にくらべて乾燥しやすく、刺激に触れやすいという特徴があるのです。

皮脂腺が少ない分、角質層が厚くなって皮膚のバリア機能を補っていますが、角質層が厚いということはその分、皮膚のターンオーバーに時間がかかるということになります。こうしたことも、いったん手荒れを起こすと治りにくい原因のひとつとなっています。

洗剤かぶれが治りにくい理由
皸裂(きれつ):皮膚の線状の裂けめ。 ほとんど表皮にあらわれ、ときに出血をみる

洗剤かぶれの症状が進むと、指先の指紋が消え、皮膚がむけてただれるほか、ひびやあかぎれを生じることがあります。

ひびやあかぎれがひどくなると皮膚が裂け、そこから血がにじみ出てきて痛みをともなうこともあるため、水仕事のたびにつらい思いをしなければなりません。

少しでも早く治したいところですが、洗剤かぶれがやっかいなのは、なかなか治りにくい、という点です。

前述した「手そのものの特徴」に加え、洗剤かぶれを起こすおもな原因を完全に取りのぞくのは難しいからです。家事をしないわけにはいきませんし、美容師や料理人が仕事中にいっさい水を扱わない、というのも現実的ではありません。

また、冬の季節になると、風邪やインフルエンザのウイルスを殺菌するためにアルコール入りの殺菌消毒液を使用したり、石鹸を使って丁寧に手を洗うことが推奨されていますが、こうした手洗いが原因で手荒れになる人も多いようです。

水仕事やウイルス対策のための手洗いは、いずれも必要があって行っているものです。洗剤かぶれは、私たちの生活と密接に関連して生じます。そのため、日常生活において、いかに上手に洗剤かぶれの治療を行うか?を考えなければなりません。

ちなみに、一時的な洗剤かぶれに、「刺激の繰り返し」や「体質的な要因」が加わり湿疹化したものが「手湿疹」です。

手湿疹の中には体質的な要因が大きく、難治化してしまうものがあります。このようなケースでは、薬剤コントロールや生活指導など総合的で長期間の治療が必要になりますので、医療機関を受診するようにして下さい。

洗剤かぶれの治療方法

洗剤かぶれの治療の基本は、症状に応じた外用剤の使用と、こまめなスキンケアが中心となります。お薬で症状を改善しながら、手を洗剤かぶれの発症や悪化の原因となる物理的な刺激からなるべく避けるように保護していく、というものです。

洗剤かぶれの症状が皮膚の赤みや小さなブツブツといった軽い症状にとどまっている段階では、市販の軟膏やクリームを塗って症状の改善を行います。白色ワセリンや尿素などの保湿剤は、肌を保護するとともに皮膚の保湿に役立ちます。それぞれに成分や使用感が異なるため、薬局や薬店で相談してみて下さい。

しかし、赤みやかゆみが強く、炎症が強い場合には、充分な抗炎症作用のあるステロイド外用剤を用いると良いでしょう。

皮がむけてただれたり、ひびやあかぎれが生じて亀裂部から血がにじみ出ているような場合には、細菌が繁殖する恐れがあるため、抗生物質の配合されたステロイド外用剤を用いると良いでしょう。
「皮膚の炎症で抗生物質は使うべき?」を参照)

外用剤を塗るときのポイントとしては、大量に塗ってもベタベタして家事に差し支え、水で流れてしまうことから、少量でも塗る回数を増やすことをおすすめします。水仕事をしない時や、寝る前などには多めに塗ると良いでしょう。

そして症状が重い場合や、ステロイド外用剤を5〜6日間使用しても症状が改善されない場合には、医療機関を受診し、専門医に相談することが大事です。

重要なのは「スキンケア」
こうなってしまう前に、こまめなケアを!

外用剤による治療とあわせて、洗剤かぶれの症状を改善する上でとても重要なのが「スキンケア」です。予防的な意味も持つため、こまめに手をケアすることが求められます。

スキンケアのポイント

水仕事の際の注意点

  • 洗剤は低刺激性のものを使用。
  • 使用する量も出来るだけ少なめに
  • 皮膚を保護するため、水仕事の前後でワセリンや
  • ハンドクリームを塗る
  • ゴム手袋を着用する。
  • ゴムにかぶれる人は、木綿の手袋の上にゴム手袋を重ねると良い

手洗いの際の注意点

  • 手を洗ったらすぐに拭く。自然乾燥は、皮膚の水分も一緒に奪って蒸発させてしまう
  • 高温のお湯は心地良いが、水より皮脂を洗い流しやすいためなるべく使わない
  • 神経質に洗いすぎない。手洗いの回数は必要最低限にとどめる

その他日常生活における注意点

  • 暖房で室内を乾燥させすぎないように注意する
  • 外出時には手の乾燥を防ぐため手袋をはめる
  • 職場や外出先にハンドクリームを持参し、手の乾燥を感じたらすぐに塗る

ほかにも、洗剤かぶれの症状を改善するためには、家事の分担について家族と話し合い、水を扱う作業について職場で相談するなど、周囲の理解や協力を求めることがスキンケアの効果を高めるために必要となってきます。

一気に治らなくてもあせらずに、日常生活の中でこまめにケアを行う習慣をつけていきましょう。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。