“医療基準”のヒフノコト情報

症例図鑑「虫さされ」

症例図鑑「虫さされ」

虫さされは多くの人が経験する皮膚トラブルです。
身近な虫が原因となるだけに完全な予防は難しく、嫌なかゆみを引き起こすだけでなく、ときにはかき壊してジュクジュクしてしまい、なかなか治らない状態に陥ってしまうこともあります。

今回は、よくある虫さされの種類と、刺されたときの治療法について解説します。

誰もが経験する「虫さされ」

誰もが経験する「虫さされ」

ブユによる虫さされ 「虫さされ」と聞くだけでかゆみや発疹を思い浮かべ、不快な気分になる人は多いでしょう。

虫に刺されると、写真のように刺された部位とその周辺に赤い発疹、かゆみ、腫れなどの症状があらわれ、痛みを伴うこともあります。

虫に刺されてこのような症状が起きるのは、それぞれの虫が持つ毒や、虫の唾液に含まれる成分が皮膚に注入されてアレルギー反応を起こすためです。
こうしたアレルギー反応には、刺されてすぐに起こる「即時型反応」と、1〜2日後に起こる「遅延型反応」があります。
発疹やかゆみなどの症状も、年齢や体質、刺された部位や過去に刺された回数によって、そのあらわれ方には個人差があります。

ちなみに、虫さされのなかでも最も多いのは、「蚊」によるものです。

多くの場合、数十分から数時間で治癒します。痛みはがまんできても、かゆみはがまんできません。敏感な部位などが刺されると、無意識にかき続けてしまいかき壊してしまうことがあります。
かき壊してジュクジュクしてしまうと、なかなか治らない状態に陥ってしまいます。

原因となる虫と、その症状を知ろう

虫さされはとても身近な皮膚トラブルです。家の中や庭、公園、野山などあらゆる場所に虫は生息しています。

ところがやっかいなことに、実際に虫が皮膚を刺しているところを目撃することはめったにありません。そのため、刺されたことに気づいても、どんな虫に刺されたのか分からないことが多いのです。

ひとくちに虫さされと言っても、症状によって使用するお薬が違ったり、医療機関の受診が必要となる場合もあります。原因となった虫を知ることは、適切な対応や治療を行うのに役立ちます。
ここでは、日常生活の中で刺されやすい虫と、その症状について紹介します。

種類  生息場所、症状
吸血する虫     屋内、屋外どこにでも生息。
すぐに発疹が出てかゆくなる即時型反応と、1~2日後に症状が出る遅延型反応の両方がある。
ブユ 高原や山の渓谷沿いに生息。
半日ほどで発疹があらわれ、じょじょにかゆみが強くなる。赤いしこりが残ることもある。
アブ 牛や馬のいる牧場などに多く生息。
強い痛みを感じ、その後赤くはれてかゆみもあらわれる。微熱が出る場合もある。
ノミ イヌやネコに寄生し、庭や公園にも生息。
1~2日後に発疹と強いかゆみがあらわれ、ときには水ぶくれができることもある。
イエダニ ネズミに寄生するため、ネズミの生息する家屋で発生。
わき腹や太ももの内側が刺されやすく、半日~1日後に発疹と強い痒みがあらわれる。
咬む虫  クモ 草むら、家屋に生息。
痛みを感じ、赤く腫れる。毒グモに咬まれると、激痛やリンパ節の腫れ、呼吸困難などがあらわれる場合もある。
ムカデ 落ち葉や石の下、古い家に生息。
激痛が走り、しびれが生じてしだいに赤く腫れる。血圧低下や意識消失などのショック症状があらわれる場合もある。
刺す虫 ハチ 秋の野外活動で刺されやすい。
強い痛みを感じ、赤く腫れる。はじめて刺されたときは1日で症状が治まるが、2回目以降はじんまんしんなどのアレルギー反応、血圧低下や意識消失などのショック症状があらわれる場合もある。
有毒の毛を持つ虫 毛虫 チャドクガの幼虫など、一部の毛虫に毒がある。庭木の手入れなどで触れることが多い。
小さな発疹がたくさんあらわれ、激しいかゆみを伴う。掻くとじんましんのように広がる。

※このような症状があらわれた場合は、すぐに医療機関を受診してください。

「刺された!」と気づいたら…

虫さされを予防するにはまず、原因となる虫を肌に寄せつけないことが大切です。
屋内では、目的に応じて殺虫剤を使用するほか、野外活動では肌の露出を少なくし、虫よけスプレーを使うことも有効です。
ハチには虫よけスプレーは効きませんが、巣を守ろうとして攻撃をする習性があるため、むやみに巣に近づかないようにしましょう。

このような対策を行っても、虫さされを完全に予防することは難しいものです。知らないうちに刺されてしまい、かゆみなどの症状で「刺された!」と気づくことも多いでしょう。そんなときはあわてずに、次のような対処を行って下さい。

まずは、患部を水で洗い流し、清潔を保つようにします。

毛虫やハチに刺された場合は、粘着テープや毛抜きを使い、皮膚に残っている毒針や毒毛をそっと取り除きます。毒針や毒毛を残したまま掻いてしまうと、さらに皮膚にすりこんで症状を悪化させる恐れがあるからです。

その後、氷水などで患部を冷やし、掻くのをガマンして炎症を広げないようにしましょう。

一般的に、アンモニアを塗るという対処法が知られています。しかし、アンモニアにはアリの毒成分である蟻酸(ぎさん)成分を中和する効果はあるものの、他の虫に刺されたときに使用するとかえって症状を悪化させることもあります。安易に用いないようにして下さい。

虫さされの治療法

虫さされの治療には、皮膚の症状を抑えることを目的として、おもにステロイド外用剤が用いられます。

ステロイド外用剤は皮膚の炎症を抑え、かゆみ、発疹、腫れ、痛みなどをやわらげるはたらきがあります。

毛虫やムカデ、ハチによる虫さされでは、腫れやかゆみなどの炎症が強い場合が多いため、早めにステロイド外用剤を用いて炎症を抑えると良いでしょう(「湿疹・皮膚炎の薬の種類と選び方」参照)。

ここで重要となるのは、虫さされがきっかけで起こる二次的な細菌感染を防ぐことです。

かゆいからと患部を掻き壊すと炎症が悪化し、子どもの場合は「とびひ」などの細菌感染を引き起こす恐れもあります。そのため、患部を掻き壊さないよう、かゆみを根本から抑える必要があります。

市販薬を5〜6日間使用しても症状が改善しない場合、あるいは患部に水疱が出来たり、灼熱感や強い痛み、全身にじんましんが出る、などの症状があらわれた場合は、医療機関を受診して下さい。

とくに毒性の強い毛虫やハチに刺された場合は、医療機関を受診することが必要です。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。