“医療基準”のヒフノコト情報

梅雨に急増!ダニ刺されの被害と正しい対処

梅雨に急増!ダニ刺されの被害と正しい対処

梅雨の時期になると増えるダニによる健康被害。ひと口にダニといっても種類は多く、特徴や害、対処法はそれぞれ異なります。なかでもこれからの季節に気をつけたい「ダニ刺され」について、正しい対処法や、被害にあわないための予防策についてアドバイスします。

姿の見えないダニに要注意

姿の見えないダニに要注意

梅雨の季節がやってくると、気になるのがダニによる虫刺され。ひと口に「ダニ」と言ってもその種類はかなり多いのですが、私たちの体に健康被害をもたらす身近なダニとしては、イエダニ、ツメダニ、ヒョウダニなどが知られています。

これらは室内に生息するタイプのダニで、気温が20~30℃、湿度が60~80%程度の高温多湿の環境を好みます。気温が上がり、雨が降り続くこれからの季節、室内のダニが繁殖しやすくなり、ダニ刺されの被害にあいやすくなるというわけです。

室内のダニが蚊やほかの虫と異なるのは、その姿が肉眼では見つけにくいという点です。体長は0.3mm~1.0mm前後と小さく、ものに隠れる性質があるため、じゅうたんやたたみ、寝具やソファー、ぬいぐるみやクッションの裏などは、ダニのすみかと考えて間違いありません。

さらに、庭や草むら、公園といった身近な屋外にもダニは生息しています。

なかでも最近、マダニと呼ばれる種類のダニに関しては、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)と呼ばれる感染症を媒介するケースもあるとして、非常に危険視されています。

ダニ刺されの被害とは

ダニ刺されの被害とは

室内に生息するタイプのダニのうち、人を刺すのはおもにイエダニ、ツメダニと考えられています。

これらのダニは皮膚のやわらかい部位を刺して体液や血を吸うため、腕の内側、わき腹や下腹部、太ももなどが被害にあいやすいようです。

刺された部位には赤い発疹ができ、個人差はあるものの、多くの場合は激しいかゆみが数日間にわたって続きます。

>ダニに刺されたんじゃないかも…?さまざまな虫刺されの症状と対処法はこちら

かゆみが強いために刺されたところをかき壊しやすく、細菌による二次感染を起こすケースもめずらしくありません。

ヒョウダニなどは人を刺しませんが、ダニの体や死骸、フン自体がアレルギー性疾患をまねく原因になりやすいため、アレルギー体質の人は注意が必要です。

また最近、「殺人ダニ」としてマダニが話題となっていますが、これは、マダニに刺されてSFTSを発症すると、発熱や嘔吐、下痢、意識障害、皮下出血などの症状が現れ、死亡に至るケースもあるためです。今のところ有効な治療薬やワクチンもないため、マダニから身を守る対策が必要として、警戒が促されています。

ダニに刺されたときの対処法

ダニ刺されがやっかいなのは、そのかゆみが激しく、長引く場合が多いという点です。

人によっては、刺された跡が残ることもあるようです。そのため、ダニによる被害が疑われたら、なるべく早い段階でかゆみを抑える対策をとりましょう。ステロイド外用薬を塗って、刺された箇所をかかないよう心がけて下さい。

>ステロイド剤の基本知識と上手な使い方

とくに小さいお子さんでは、かき壊しに注意が必要です。かき壊して細菌感染を起こし、「とびひ」をまねく危険性もあります。患部をかき壊してしまった場合には、細菌の繁殖を抑えるために、抗生物質が配合されたステロイド外用薬を用いると良いでしょう。

>皮ふの炎症で「抗生物質」は使うべき?

一方、マダニは体長が3mm~10mmとダニの中では大きく、血を吸われている最中にその存在に気づくこともあります。ただし、無理にはがすとマダニの体の一部が皮膚の中に残ってしまい、化膿する恐れもあります。マダニに刺されたときは自分で対処せず、SFTSなどの問題も念頭に置いて、すぐに医療機関を受診して下さい。

ダニ被害予防のための日常生活の注意点

ダニ被害予防のための日常生活の注意点

ダニ刺されを予防する上で大切なのは、まずは室内のダニを繁殖させないことです。晴れた日を見計らって換気を行い、エアコンの除湿機能や除湿機を上手に使いましょう。

ヒョウダニなどは床に落ちているフケ、はがれた皮膚、食べこぼしをエサとするため、室内の掃除はこまめに行って下さい。

寝具類は可能であれば丸洗いが理想的ですが、難しい場合は定期的に掃除機をかけることで、表面のダニを減らせます。ソファーもふだんから掃除機をかけ、クッションカバーやぬいぐるみは丸洗いが可能なら洗濯機で洗い、それ以外は手洗いをして清潔を保ちましょうします。

また、イエダニはネズミに寄生する性質があるため、古い一軒家などにお住まいの方は、ネズミを見かけたり、侵入の痕跡を見つけたら、ダニ対策より先にネズミの駆除が必要です。

これらの対策を行ってもダニに刺される場合は、ダニ用の燻煙(くんえん)殺虫剤を使うという方法もあります。

さらに、屋外で活動する場合はマダニ対策として、肌の露出を防ぎ、防虫スプレーなどで身を守って下さい。活動後はなるべく早く入浴し、肌にマダニがついていないかのチェックも必要です。

ダニの完全駆除は難しいものですが、予防策や対処法を知っていると、被害を少しでも減らしたり、適切なケアを行うことが可能です。

こまめ対策を行ってダニ刺されを予防し、梅雨の季節を少しでも快適に過ごしましょう。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。