“医療基準”のヒフノコト情報

湿疹・皮膚炎の薬の種類と選び方

湿疹・皮膚炎の薬の種類と選び方

湿疹・皮膚炎に使用する主な薬の種類

「なんだかかゆい!」「困った!」。湿疹・皮膚炎になってしまった際に、使用する薬には、主に塗り薬、飲み薬の2種類があります。

まず、ほとんどのケースでは、最初に塗り薬を使用します。塗り薬は局所的に作用するので全身への作用を気にせず、手軽に利用出来ます。

塗り薬には、主にステロイド外用剤、非ステロイド性抗炎症外用剤(以下、非ステロイド剤と省略)があります。

症状がひどい場合や薬が効きにくい部位はステロイド外用剤を使用し、症状が軽くなったら非ステロイドに切り替えます。また帯状疱疹などの感染症など、症状の程度や疾患によって使い分けます。

最近では、症状が比較的軽い場合でも悪化防止のために、ステロイド外用剤を早い段階で使うケースが増えてきています。

ステロイド外用剤での治療

ステロイド外用剤は湿疹・皮膚炎以外にも、かぶれ、虫さされ、しもやけ、あせも、身近な皮膚トラブルで使用できます。

ステロイド外用剤は炎症が起こる流れの根本の部分をくい止めるので、速やかに効果を発揮しやすく、強い抗炎症作用を示します。その結果として、かゆみの抑制に役立ちます。

患者さんの中には、ステロイド外用剤の治療に対して副作用を気にして使用を避けたいという方もいます。しかし問題を抱えている症状に対して効果の弱い薬を使用し続けても症状の改善が見られず、悪化や長期化を招くことが多いです。

さらに患者さんによっては、治療に時間がかかることにより、黒ずんだ痕が残ってしまう事もあります。なので、悪化防止のためには、「ステロイド外用剤使用の的確な見極め」が、重要となります。

非ステロイド剤での治療

非ステロイド剤は、ステロイド外用剤のように広範囲への使用や長期連用への制限がなく、感染部位に使用できるなど、使い勝手がよいのですが、軽症での使用が一般的です。

非ステロイド剤は、ステロイド外用剤のように炎症が起こるメカニズム自体にではなく、結果として生じた炎症を鎮めることが特徴なので、炎症の根本を抑制していない分、薬の効き目が穏やかになります。

顔周辺などの敏感な部分や小さなお子さんにステロイド外用剤を使用する場合には、できるだけ使用期間を短くすることが望ましいので、症状が改善してきたら非ステロイド剤に切り替える使い方もあります。

内服(飲み薬)での治療

飲み薬は、炎症がひどくて患部に塗り薬を使用出来ない場合や、かゆみがあまりにひどい時に塗り薬と併用して使用するのが一般的です。

抗ヒスタミン剤は、かゆみを起こすヒスタミンという体内物質を抑えることでかゆみを抑制します。また、患部に細菌感染があり、炎症をおさえたい場合には、抗生物質を飲んだりもします。

最近の薬の種類と選び方の傾向

最近では、ステロイド外用剤の中にも、抗生物質が配合された薬が登場しています。その結果、細菌による炎症を抑えつつ、皮膚組織の回復を早めたりすることができるようになってきています。

そのほかにも、近年薬は目覚しい変化を遂げていますが、皆さんは、「アンテドラッグ」という薬をご存知ですか?

アンテドラッグとは、患部では強い効果を示すものの、体内に吸収されると分解して、低活性の物質にかわる分子構造に手を加えられた、全身性の副作用が少なくなるように開発された薬です。

このように聞くと、「アンテドラックは安全な薬!」と考えてしまいますが、これはあくまでも「全身性副作用」に限っての事です。

「患部では強い効果を示す」ということからもわかるように、実は、アンテドラックの局所性の副作用については、普通のステロイドと変わりがありません。また、そもそもセルフメディケーションでは、全身副作用が起こるほど多量なステロイド外用剤を使用することはありません。

アンテドラックも普通のステロイドと同じように「使用上の注意」を守って使うことが大切です。

そのほかにも、最近では、「スイッチOTC」といって、これまでは医療機関で医師による処方がないと手に入らなかった薬が大衆薬として薬局などで買えるようになってきています。

残念ながら、湿疹・皮膚炎については今のところ、スイッチOTCはありませんが、今後、また新たな薬が待ち望まれているのは、他の薬と一緒です。

このようにセルフメディケーションで管理できる症状であれば、病院へ行かなくても薬局の薬で上手に対応する事が可能になっていくことで、湿疹・皮膚炎に関してもセルフメディケーションの幅が広がっていくことでしょう。

どの薬を使用して良いか分からない場合は、気軽に薬剤師に相談してください。その際、過去に薬でトラブルになった経験がある方はその事もしっかり伝えてください。

また、炎症がひどかったり、セルフメディケーションに不安があったりする場合は、すみやかに病院へ行ってお医者様に相談しましょう。症状の原因を見きわめていただいて、最適な治療を行うようにしてください。

ぜひ、今回紹介した薬の種類と選び方を参考にしていただいて、湿疹・皮膚炎・かぶれについても日頃のセルフケアでしっかりコントロール出来るようにしましょう。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

症状が軽い時、原因がはっきり分かった時は、早めにセルフケア

皮膚のセルフメディケーションに関する記事

誰もがいつでもなりうる、湿疹やかぶれなどの皮ふトラブル。
医師や薬剤師などの専門家の意見をもとに、症状や原因を正しく知って、正しい対処ができるようセルフメディケーションをサポートするサイトです。